2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.03.12 (Sun)

23話「強く激しく美しく」

自分用の覚書程度に
本日放送されたカードファイト!!ヴァンガードG NEXTの感想殴り書きです
(G1期~G4期合計:第121話)

ちゃんとしたアニメ感想ではなく自分の“覚え書き”です。
そのため約物の用法を守った文章ではございません。
ファイトの流れ、カード解説が記事の内容の約半分を占めています。
カードの基礎知識はある前提で、記事は書かれています
しゅしゅしゅ向け(初心者向け)とは言えないのでご注意下さい。
略称など分からない物があったらコチラの記事を参照してください。
ユニット名は出来るだけ正式名で書いています。ファンデッキ等にお役立て下さい
人外、幻獣、竜などが大好きなので、ユニット関係の話もあります。
台詞を聞き取りだけで書く事が多いです。字幕は見ていないのでご了承ください
筆者は微妙に腐ってます。(伊クロ派)
後日、覚え書きに一部追記します。たぶん

今週、身内が倒れて救急搬送されたりと
なんだか忙しない感じになって管理人ばたんきゅー状態です
が、なんとか時間をゲットしたのでブログは頑張ります!( º﹃º` )


さて、今週は毎月おなじみ月刊ブシロードの発売日!
皆さん無事購入できましたか?
そんな月ブシの中でついに決まった単行本化!

月刊ブシロード連載、惑星クレイ物語がついに単行本化決定!
『Cray Chronicle Notes ~惑星クレイ物語~』
は、上下巻セットで約600ページ、書き下ろしもありで
基本的にはG編のユニット設定と話をまとめたものになっています。
販売は『ブシロード10周年祭』と、ブシロード公式通販ECSHOP限定なので
買い逃がさないようにしましょうねー!

毎週放送『週刊ヴァンガ情報局NEXT~第23回~』は
3月14日火曜日の21時から放送!こちらもお忘れなく!(111回目)

ネタバレしか無いので追記折りたたみ。

もくじページ
【覚え書き】アニメ感想記事2ndまとめ
 

【More・・・】



U20-ファーストステージ3日目
さらに勝ち抜けを決めたチームは増えていき
ラミーラビリンスwithサーヤが勝ち抜け、残りは3枠となっていました…
これは予想以上に皆の勝ち抜け危ういのでは(・д´・,,)?

そんな頃、バインドゾーンで集合し休憩するために集まっていた
チーム新ニッポンのアラタ君とマコト君は
少なくなる勝ち抜け枠に焦りの色を隠せないでいました。

「うおぉぉ焦るぅぅ…」
「勝利には適切な栄養補給と休息が必要不可欠。
 闇雲にファイトしても負けるだけだ」


これはマコト君の言ってる事の方が正しい。

「遅い!時間がないってのになにやってたんだよ!」

と、そんな2人の前に遅れてやってきたノア君。
どうやら集合時間に遅れてやってきたらしく…

「…………星をみてた」

そう言って微笑む姿は、どこからどうみてもノア君。
でも、その前に見せた一瞬の無表情は、かつてのノア君からは
想像もつかない程の冷たさで…

「お前なぁ…」
「うふふっ、ふふふ…」

相変わらずマイペースがすぎるノア君に強く言えない2人に
右手を口元にあて笑うノア君。

しかしその右手には、以前はつけられていなかった
黒い指ぬきグローブが、その手の甲を隠していたのでした…


※カオスブレイカーさんについてはフォント変更で対応してます。
 とりあえず今後の展開次第でもありますが
 ノア君を装ってる時は通常フォントになります
 また、スマホやゲームなど、PC以外からの閲覧時は
 フォントは反映されない場合がありますがご了承ください。


------------------------------------

さて、一方どこかの洞窟のフィールドで
トコハちゃんは前半の負けを巻き返すように勝利を重ねていたのですが…

------------------------------------
ここからAイメージ!

「早く次の相手見つけなきゃ、時間が…」

洞窟内を小走りで移動していたトコハちゃん
見つめていたファイダーに通知が入ります。
それはファイターを補足したという通知ではなく
チームメイトがファイトになったという報告で…

------------------------------------

「うぅ……」

一方のどかな緑が続く平原のフィールドにて
とても緊張でがちがちな顔になっているクミちゃんの前には…

「よろしくね」
「はっ、はい!よろしくお願いします!」


なんとあのレジェンドファイターの妹であり、カムイ君のチームメイトである
先導エミちゃんがにこやかに笑い手をふっていました。


『ずっとチームの足を引っ張ってばかり…』

やはりハイメフラワーズの中では勝率が一番低かったクミちゃん
(そりゃ残りの2人が凄いから仕方ないんですけど)
残り枠はあと僅か、これ以上足を引っ張るまいと
クミちゃんの表情は珍しく険しいものになっています…

「頑張れ、クミちゃん…!あっ…」

ファイダーを見て止まっていたトコハちゃんのファイダーが
ファイター発見の通知でロックされます。
対戦相手を探すため、前を向くとそこには見知った顔が…

「リンさん…」
「安城トコハ…」

------------------------------------

『セカンドステージに行けるのは、あと3チーム。絶対に負けられない』

2人の間にファイトテーブルが現れ、お互いにファイトの準備をすすめる間
トコハちゃんは前に聞きそびれた事を羽島さんに再び問います。

「それにしても驚きました。まさかリンさんが
 シオンとチームを組むなんて

「……」

それに応える事なく、羽島さんは余裕の笑みを1つこぼし
内心、チームメイトのシオン君に対して
こんな事を思っていたのでした

綺場、お前の獲物、私が先にいただいてやる

ウウン、やっぱり福原ヴァンガード部のチームの絆?は
なんだか不思議な形です、でもまとまってるからいいんですけどね!

ファイト終了30分前、次のファイトが本日のラストファイトです──

しかし、ファイト開始の準備をした所で
ラストファイトの通知が聞こえてきます。
今日中の勝ち抜けの命運がかかるかもしれないファイトになります…

「…!最後に血祭りにあげてやるよ」
「負けませんから、勝つのは私です!」

------------------------------------

スタンドアップ・ヴァンガード!

羽島さんのFV《黒衣の燭光 アズライール》
トコハちゃんのFV《萌しの乙女 イーダ》

------------------------------------

一方クミちゃんとエミちゃんのファイトも進んでいました

今はエミちゃんのターンでヴァンガードの《プラネットアイドル パシフィカ》が
アタックしていました。

「ええっと…う~ん…」

クミちゃんは、どうしても迷惑をかけたくないという思いから
悩んで悩んでのファイトになってしまっているようで…

「スマイル!」
「えっ?」
「…!あっ、ごめんね。でも…あなたは
 笑顔でファイトする方が似合ってるような気がして」


唐突なエミちゃんの言葉に驚くクミちゃんですが
笑顔でファイトは、江西っちも記憶にしっかりと刻んでいる
クミちゃんのファイトの一番の特徴です。

そう、笑顔無しのファイトなんて、クミちゃんには似合いません!

「……! はいっ!」

その言葉に、いつもの調子を取り戻したクミちゃんは
とても愛らしい笑顔で、エミちゃんに笑ってみせたのでした。

言ってあげるエミちゃんも天使だけど
それに答えてかわいく笑うクミちゃんも天使かよおおおお
2人ともかわいすぎるよおぉぉヴァンガードで貴重な
純粋?に可愛いおんにゃのこ成分だぁぁc⌒っ.ω.)っ


------------------------------------

クミちゃん&エミちゃんという天使に癒やされましたが
今回のメインは強い乙女対決ですから!


羽島さんが先行で始まり、現在5ターン目です。

羽島さんのダメージは現在3点
《黒衣の救済 アラトロン》《黒衣の献身 ファレグ》《黒衣の安眠 ザバニーヤ》

トコハちゃんのダメージは現在2点
《フラワーキーパー・ドラゴン》《純潔の乙女 カトリーナ》

トコハちゃんのヴァンガードは《頑強の乙女 ノエル》
ダメージ側に《花園の乙女 マイリス》
ダメージ側後列にFV《萌しの乙女 イーダ》が居ます

------------------------------------

羽島さんのターン
《黒衣の戦慄 ガウリール》にライド

+++++

メインフェイズ

ダメージ側前列に《ナース・オブ・ブロークンハート》をコール
FV《黒衣の燭光 アズライール》はダメージ側後列に居ます

「ガウリール…」

羽島さんのガウリールを見るのは、これで4回目。
もうこの2人は4度もファイトしてるんですよね、今更ながら凄い。

『思えば、私の前にはいつもリンさんが居た。
 最初のファイトは兄さんへのコンプレックスを突かれ、負けた』


------------------------------------

バトルフェイズ

『でも、それを乗り越える事で
 私は1つ強くなる事が出来た!』


ヴァンガード《黒衣の戦慄 ガウリール》のアタックは
《ツッケン・ドーン》でガード!
でっかいトゲトゲな手でハサミをきゃっち!
…ハサミ刃こぼれしそうですね?

ツインドライブ
《黒衣の通告 ナキール》
サニースマイル・エンジェル

ゲット、ヒールトリガー。
ダメージ1点回復、ドロップしたのは《黒衣の安眠 ザバニーヤ》
ダメージは2点に。パワーは《ナース・オブ・ブロークンハート》へ

+++++

《ナース・オブ・ブロークンハート》のアタックは通っています。
ビリビリとした電流を容赦なくあびせられ後退するトコハちゃん

トコハちゃんのダメージ3点目
《フラワーキーパー・ドラゴン》

『そう…強烈に喝を入れられた事もあった。
 リンさんは私が越えるべき、大きな壁の1つ!』


------------------------------------

「全力でブチ当たる!!
  新たな未来に咲き誇れ!
   ライド、胸焦がすラナンキュラス アーシャ!」


トコハちゃんのターン!
《胸焦がすラナンキュラス アーシャ》にライド!

そしてそのままストライドステップ!
手札から合計グレード3になるようカードをドロップし
Gゾーンのユニットの“超越”を起動させます!

超越”したのは《経世の花乙姫 セルフィーナ》

『手札にヒールがある…無理に押しても
 Gガーディアンで止められる…だったら!』


+++++

超越”発生時、ハーツとなった
《胸焦がすラナンキュラス アーシャ》のストライドボーナスが発動!

CB1、SB1を支払い、リアガードを1枚選び、山札からそのユニットと
同盟のカードを1枚まで探しリアガードにコールし、山札をシャッフルし
そのターン中、この効果でコールされたユニットに『ブースト』を与える


ソウルブラストで《頑強の乙女 ノエル》をドロップ
ダメージ側前列《花園の乙女 マイリス》を選択
ヴァンガード後方にスペリオルコール。

+++++

メインフェイズ

《佳花の乙女 アネルマ》をデッキ側前列にコール

+++++

《経世の花乙姫 セルフィーナ》の起動効果(ターン1回)を発動。
CB1を支払い、Gゾーンの裏のカードを1枚表にする事で発動。
リアガードをGゾーン表のカードと同数選びパワー+2000
山札からそれらのユニットと同名のカードをGゾーン表の
《経世の花乙姫 セルフィーナ》と同数探し別々のリアガードにコール
山札をシャッフルし、2枚以上コールしたらヴァンガードにクリティカル+1


選択したのはダメージ側前列《花園の乙女 マイリス》
パワー+2000され、ブーストと合わせ合計11000のラインに出来ました。

さらに表にしたのは《経世の花乙姫 セルフィーナ》だったため
《花園の乙女 マイリス》3枚目をデッキ側後列にコール。

------------------------------------

バトルフェイズ

ダメージ側、パワー+2000を受けた《花園の乙女 マイリス》のアタックは
《黒衣の爆撃 マーリク》でガードされています。

+++++

ヴァンガード《経世の花乙姫 セルフィーナ》のアタック
この時ブーストを行わず、ヴァンガード後方と
ダメージ側前列の《花園の乙女 マイリス》のスキルを発動

ヴァンガードがアタックした時、ヴァンガードが“ラナンキュラス”で
グレード3以上なら、自身をソウルにおいて良い。置いたら1枚ドローし
ヴァンガードにパワー+5000を与える


2体分使用し、2枚ドローしヴァンガードに+10000

『ゴリ押しせず手札を増やす事を選んだか…』

《花園の乙女 マイリス》はクリティカルトリガー。
コールする事でデッキのトリガー率は下がってしまいますが
手札が心もとない今は、それよりも1枚のドローの方を重く見ています

このアタック、羽島さんはノーガードを選択。

トリプルドライブ
モンキーポッド・ドラゴン

ゲット、ドロートリガー。
パワーは《佳花の乙女 アネルマ》へ

セカンド、サードチェック
《信頼の乙女 オデット》
ツッケン・ドーン

ゲット、クリティカルトリガー
パワーは《佳花の乙女 アネルマ》に
クリティカルはヴァンガード《経世の花乙姫 セルフィーナ》に

羽島さんのダメージ3、4点目
《黒衣の爆撃 マーリク》《黒衣の救済 アラトロン》

+++++

デッキ側《佳花の乙女 アネルマ》のアタックは
トリガーとブースト、合わせて合計23000!

『フン…やってくれる、元気だけが取り柄のぎゃーぎゃーうるさい
 妹ちゃんだったくせに…けど、今は…認めてやるよ!


それをトコハちゃんに言葉として言ってあげてください!!

でも羽島さんツンデレだし言ってくれそうにないなぁ(´╹ㅿ╹)

このアタックに羽島さんは
ヒールトリガー《サニースマイル・エンジェル》をコストに、Gゾーンの解放を宣言!
Gガーディアン《聖霊熾天使 スリエル》でガード!

G登場時、“救援1”自動効果が発動。
CB1を支払い、山札の上から1枚みて、山札の上か下に置き
ダメージゾーンから1枚選び、回復。
ヴァンガードを1枚選び、1ダメージ。


羽島さんは山札の上を確認、デッキボトムへ置き
CBとして支払った《黒衣の救済 アラトロン》を回復し、1ダメージ

羽島さんの“救援”よるダメージチェック
《黒衣の通告 ナキール》

ですがガードは成功、さらにGB1も達成。
一応は問題ありません

------------------------------------

羽島さんのターン

「全ての者よ、我が足元に跪け!
  ストライドジェネレーション!!」


ライドステップをスキップし、ストライドステップ!
手札から合計グレード3になるようカードをドロップし
Gゾーンのユニットの“超越”を起動させます!

超越”したのは《聖黒熾天使 ガウリール》

+++++

超越”発生時、ハーツとなった
《黒衣の戦慄 ガウリール》のストライドボーナスが発動!

CB1を支払う、山札の上から3枚見て、1枚探し、ダメージゾーンに表で置く
残りのカードは山札の下に好きな順番で置く
ダメージゾーンから表のカードを1枚選びリアガードにコール
コールしたユニットにこのターン中パワー+2000を与える。


置いたのは《クリティカルヒット・エンジェル》
コールしたのは《黒衣の爆撃 マーリク》
デッキ側後列にスペリオルコールし、パワー+2000を与えます

+++++

自分のカードがダメージゾーンに置かれたため
《ナース・オブ・ブロークンハート》のGB1が発動。

ヴァンガードを1枚選び、このターン中
自身とヴァンガードにパワー+2000を与える


+++++

さらにダメージゾーンからリアガードに登場した事で
《黒衣の爆撃 マーリク》の自動効果が発動
このターン中、以下のスキルを得る

『“救援1”GB1:このユニットがアタックかブーストしたバトル終了時
そのバトルがヴァンガードにアタックしたバトルなら
ダメージゾーンから1枚選び回復し、ヴァンガードを1枚選び1ダメージ』


+++++

さらに、ダメージゾーンの《黒衣の献身 ファレグ》の“救援1”起動効果を発動

GB1、CB1を支払い発動。このカードが表なら
このカードをリアガードにコールし、パワー+2000
山札の上から1枚をダメージゾーンに裏で置き
ダメージゾーンから1枚選び回復し、ヴァンガードを1枚選び1ダメージ


CB1で支払ったのは《クリティカルヒット・エンジェル》
効果によりデッキ側前列にスペリオルコールしパワー+2000

山札の上から置かれたカードは不明、回復したのは
《黒衣の救済 アラトロン》

羽島さんの“救援”よるダメージチェック
《黒衣の戦慄 ガウリール》

+++++

自分のカードがダメージゾーンに置かれたため
《ナース・オブ・ブロークンハート》のGB1が発動。

ヴァンガードを1枚選び、このターン中
自身とヴァンガードにパワー+2000を与える


これが2度発動し、パワー+4000。
(アニメでは描写が1回のみになってる)

+++++

『完全ガードが2枚落ちてる。
 手札にあるのはせいぜい1枚…一気に攻め込む!』


トコハちゃんのダメージゾーンには、完全ガードである
《フラワーキーパー・ドラゴン》が2枚出てしまっています。
完全ガードは無いか、あっても手札に1枚。
羽島さんはここで全力の勝負に出ます。

《黒衣の燭光 アズライール》のGB1起動効果を発動。
コストとして、CB1、そして自身をソウルに置く。
コストを払ったら、山札の上から1枚をダメージゾーンに表で置く。
ダメージゾーンの1枚を手札に加える


+++++

自分のカードがダメージゾーンに置かれたため
《ナース・オブ・ブロークンハート》のGB1が発動。

ヴァンガードを1枚選び、このターン中
自身とヴァンガードにパワー+2000を与える


これで4度目の発動になります。

+++++

ヴァンガード《聖黒熾天使 ガウリール》の起動効果を発動!
GB2、ターン1回、コストとしてCB1とGペルソナ。
以下の2つのスキルを得ます

『バトルフェイズ中、自分のカードがダメージゾーンに置かれた時
 自分のユニットを2枚まで選びそのターン中パワー+2000』

『“救援2”このユニットがアタックしたバトル終了時、
 ダメージゾーンから2枚選び回復、ヴァンガードを1枚選び2ダメージ』


+++++

ダメージ側後列に《黒衣の救済 アラトロン》をコール
これはスキルを使うための配置なのでアタック出来ません。

羽島さんの全力のイメージが伝わったのか
ガウリール達の背後から、まばゆい光がアーシャちゃんを照らします

------------------------------------
ここからBイメージ!
先週もだったけどBイメージ入るの早すぎませんか


バトルフェイズ!

ダメージ側《ナース・オブ・ブロークンハート》は
相手デッキ側《佳花の乙女 アネルマ》にアタックし退却させています

------------------------------------

「アネルマは“開花”の始まりになる大事なカードだ。
 リンはそれを潰したのさ」

「なるほどぉ。羽島リンも安城トコハも、お互いのファイトを
 よく知っているようですからねぇ。流石…」


《佳花の乙女 アネルマ》の“開花”による+2000と
さらに追加コスト無しで得られるブースト能力は、
GNEXTに入ってから様々なファイトで大活躍しています。

だからこそ、増やされると厄介なそこを潰しておくのが
反撃に備えた大事な準備です。

ハイメ君ちゃんと解説してるじゃーんε-(´∀`*)ホッ
と、思ったのもつかの間

「まーけるーなー!トーコハー!」
「は、ハイメさん!解説者が一方的な
 応援をしちゃダメですよっ!!」


   ヽ(・ω・)/ ズコー


うん、まぁこうなるよな。
元々解説者として呼ぶ予定なかった人ですし
というか最初解説できるのか疑問視してましたよ、ごめんねハイメ君。
ハイメ君がプロファイターって事を時々忘れてしまう管理人でした。
でもハイメ君のライド姿とか、真剣な表情とか最高なんですよね。

「ゔぁんがれゔぁんがれトーコーハー!」
「また、ヴァンガード女王決定戦の優勝者である羽島リンには
 複数のプロチームからスカウトの声がかかっているとも聞きミャす!

「ふれー!ふれー!とーこーはー!」
「ここからの展開!大注目です…ハイメさぁん!!」


あぁ、MCミヤさんお疲れ様です…
隣のドクター・オーが帰ってくればここまで疲弊する事は
おそらくないんですけどねえ…w

------------------------------------

『プロのファイター。
 その誘いに何も感じるものは無かった。
 そこに何があるか、実感できなかったから…。
 自分が、何を求めているのか、分からなかったから…


羽島さんの記憶の中、どこか色あせたその記憶の中
桜が舞い散る季節、羽島さんがカフェで1人飲み物を飲んでいました。

向かいの席には、3種類の名刺と、空になったコップ。
空を見上げる羽島さんは、プロファイターへの誘いも
現実的な未来への道ながら、どこか遠い世界の話のよう。

『別に先の事なんか、どうでもよかった、なのに…』

+++++

「ずっと退屈な女王でいるつもりですか?」

「そういえばリンさんは、
 なんでU20に出ようと思ったんですか?」


羽島さんの中でめぐり続けた2人の言葉。
そして、摩天楼でシオン君とのファイトで感じたあの
嘘偽りない自分の感情…

+++++

「…ちっ、うぜぇんだよ」

ヴァンガード《聖黒熾天使 ガウリール》でヴァンガードにアタック!

トコハちゃんはノーガードを宣言

トリプルドライブ
《黒衣の戦慄 ガウリール》
黒衣の稲妻 ムンカル

ゲット、クリティカルトリガー
パワーは《黒衣の献身 ファレグ》へ、クリティカルはヴァンガードへ

サードチェック
《ドクトロイド・レムノン》

「気に入らねぇんだよっ!!」

トコハちゃんのダメージ4、5点目
《夢紡ぐラナンキュラス アーシャ》《フェアリーライト・ドラゴン

ゲット、ヒールトリガー
ダメージ1点回復、パワーはヴァンガードへ

+++++

バトル終了時《聖黒熾天使 ガウリール》の自動効果が発動
『“救援2”このユニットがアタックしたバトル終了時、
 ダメージゾーンから2枚選び回復、ヴァンガードを1枚選び2ダメージ』


ドロップゾーンに置かれたカードは
《ナース・オブ・ブロークンハート》《黒衣の通告 ナキール》

羽島さんの“救援”よるダメージチェック
《黒衣の献身 ファレグ》
黒衣の稲妻 ムンカル

ゲット、クリティカルトリガー。
効果は全てデッキ側《黒衣の献身 ファレグ》へ

+++++

ダメージ側後列《黒衣の救済 アラトロン》の自動効果GB1が発動!

救援”能力により、ダメージからカードが
ドロップゾーンに置かれた時、CB1を支払い発動出来る。
ドロップゾーンに置かれたカードをこのユニットと同じ縦列の
リアガードにコールする。

先程ドロップゾーンに置かれた《ナース・オブ・ブロークンハート》を
現在ダメージ側前列に居る
《ナース・オブ・ブロークンハート》の上に上書きコール。

+++++

さらにもう1度《黒衣の救済 アラトロン》の自動効果GB1を発動!

救援”能力により、ダメージからカードが
ドロップゾーンに置かれた時、CB1を支払い発動出来る。
ドロップゾーンに置かれたカードをこのユニットと同じ縦列の
リアガードにコールする。

この効果、同じ縦列という事で上書きコールも対応しています。
もう1枚のドロップに置かれたカード、《黒衣の通告 ナキール》を
自身に上書きし、ダメージ側後列にスペリオルコール

《黒衣の救済 アラトロン》自身は退却。

+++++

《聖黒熾天使 ガウリール》のスキルが2度発動

『バトルフェイズ中、自分のカードがダメージゾーンに置かれた時
 自分のユニットを2枚まで選びそのターン中パワー+2000』


これを先程コールされた《ナース・オブ・ブロークンハート》
《黒衣の通告 ナキール》に付与を2度。2人に+4000が与えられ
《ナース・オブ・ブロークンハート》は単体13000
《黒衣の通告 ナキール》は単体11000になります

+++++

「綺場も福原も、U20も全部利用してやる。
 全部私の踏み台だ。安城トコハ…、お前もだ!」


そして《黒衣の献身 ファレグ》のアタック!

ヒールトリガーをコストに、Gゾーンの解放を宣言!
Gガーディアン《時計草の花乙姫 マルレーナ》
さらに《モンキーポッド・ドラゴン》でガード!

+++++

バトル終了時《黒衣の爆撃 マーリク》が得た
自動効果が発動

『“救援1”GB1:このユニットがアタックかブーストしたバトル終了時
そのバトルがヴァンガードにアタックしたバトルなら
ダメージゾーンから1枚選び回復し、ヴァンガードを1枚選び1ダメージ』


回復したカードは不明

羽島さんの“救援”よるダメージチェック
ハイトレブル・エンジェル

ゲット、スタンドトリガー!
効果は《黒衣の献身 ファレグ》へ、パワー+5000も付与。

+++++

自分のカードがダメージゾーンに置かれたため
《ナース・オブ・ブロークンハート》のGB1が発動。

ヴァンガードを1枚選び、このターン中
自身とヴァンガードにパワー+2000を与える


+++++

さらに《聖黒熾天使 ガウリール》のスキル
『バトルフェイズ中、自分のカードがダメージゾーンに置かれた時
 自分のユニットを2枚まで選びそのターン中パワー+2000』
が発動

《ナース・オブ・ブロークンハート》《黒衣の献身 ファレグ》に
パワー+2000を与えます。

------------------------------------

「私は全ての者の上に立つ、それが私の居るべき場所だ。
 私は真の女王の座に付く…プロのファイターとして!


「…!プロのファイター

どこか考え込む顔をしていた羽島さんですが
言葉にしてしまえば意志は固くなり、威圧的な微オリジナル笑顔笑みを
トコハちゃんに向ける羽島さん。

それは、U20に挑む理由も見つからず迷っていた
羽島さんにはなかった、ギラギラとした輝き。

一方トコハちゃんは、プロのファイターという言葉に
彼の姿が頭をよぎります…
彼は、もう既にプロのファイターとして
ジュニアリーグに所属していて…

+++++

スタンドした《黒衣の献身 ファレグ》のアタック!!
クリティカル2、このアタック通せません!
《信頼の乙女 オデット》《ツッケン・ドーン》でガード!

+++++

そしてコールされた《ナース・オブ・ブロークンハート》のアタックは
《佳花の乙女 アネルマ》《理想の乙女 トゥーリア》でガード!!

------------------------------------

一方江西っちはアクアフォース使いの男性ファイターに勝利していた
江西っちは負け無しで順調に勝ちを積み重ねている様子。

『安城と岡崎は…、まだファイト中か。2人とも、頑張れ』

江西っち、心の声ながら応援するの巻。かわいい。


------------------------------------

さて、一方クミちゃんのファイトは
お互いダメージゾーンに完全ガードが2枚落ち
短期決戦を迫られるファイトが続いていました。

クミちゃんのダメージは5点、裏は2枚
表の3枚は、《バトルシスター しょこら》《バトルシスター しょこら》
《バトルシスター まどれーぬ》

エミちゃんのダメージは4点、裏は1枚
表の3枚は《ミラクル・ツインテール ウィズ》2枚と《白と黒の清浄 ユカ》

クミちゃんの手札は5枚
エミちゃんの手札は8枚
手札枚数の差を考えてもクミちゃんが若干不利ですが…

------------------------------------

『みんなとの特訓をおもいだして…』

そっと目を閉じたクミちゃん。
瞼の裏には、自分よりずっと強いファイターである
トコハちゃん、江西っち、そしてマスク・ド・コーチ…もといハイメ君から
直々にアドバイスを受け、ファイトを重ねた記憶。

------------------------------------

クミちゃんのターンです!

「うん…、ライド!」

ライドしたのは《バトルシスター まどれーぬ》

+++++

ヴァンガードにユニットが登場したため
デッキ側前列《バトルシスター べりーむーす》の自動効果が発動

自分のターン中、他の“バトルシスター”を含むユニットが
ヴァンガードかリアガードに登場した時、このターン中
このユニットのパワー+2000

これにより単体11000に。

笑顔で宣言するクミちゃんに、エミちゃんも安心したのか
その顔は真剣勝負のファイターの顔になっていました

+++++

そしてそのままストライドステップ!
手札から合計グレード3になるようカードをドロップし
Gゾーンのユニットの“超越”を起動させます!

超越”したのは《エキサイトバトルシスター みろわーる》

あれ、なんだか背景がオラクルのホームとちょっと違う。
教会風のステンドグラスが見えるので、オラクルの管轄区域の中にある
バトルシスターの表向き所属の教会がモチーフなんでしょうか?

+++++

カード名に“バトルシスター ”を含むGユニットの“超越”発生時、ハーツとなった
《バトルシスター まどれーぬ》のストライドボーナスが発動!
ヴァンガードに以下のスキルを与える

『バトルシスターを含むリアガードがヴァンガードにアタックしたバトル終了時
 アタックがヒットしていなかったらSB1払って良い。払ったら、CC1』


+++++

デッキ側前列《バトルシスター べりーむーす》の自動効果が発動

自分のターン中、他の“バトルシスター”を含むユニットが
ヴァンガードかリアガードに登場した時、このターン中
このユニットのパワー+2000


これは勿論“超越”によるヴァンガード登場も含みます。
これによりパワー13000に!

+++++

メインフェイズ

FV《バトルシスター こんぽーと》の起動効果を発動。
コストとして、CB1、自身をソウルに置く。

コストを払ったら、山札の上から3枚を公開
公開した全てのカードが“バトルシスター”なら
《バトルシスター こんぽーと》以外のカードを1枚選び手札に加える。
残りの2枚を戻し、山札をシャッフルする。


公開したカードは
《バトルシスター たふぃー》《バトルシスター ちゃい》
《バトルシスター たふぃー》

全てバトルシスターだったため、《バトルシスター たふぃー》を手札に加える。

+++++

ダメージ側後列に《バトルシスター たふぃー》
ダメージ側前列に《バトルシスター くれーぷ》をコール!

+++++

この2体の登場でさらに
デッキ側前列《バトルシスター べりーむーす》の自動効果が2度発動

自分のターン中、他の“バトルシスター”を含むユニットが
ヴァンガードかリアガードに登場した時、このターン中
このユニットのパワー+2000


べりーむーすは単体17000になりました!

+++++

そして、ヴァンガード《エキサイトバトルシスター みろわーる》の起動効果!
Gゾーンから裏のカードを1枚選び表にする事で発動、以下のスキルを得る
『バトルシスター を含むユニットのアタックがヒットした時、CB1を払って良い
 払ったら、1枚ドローする』

『GB3:“神託”(手札5枚以上で有効)
 手札1枚につき前列のバトルシスターを含むユニット全てのパワー+1000』


------------------------------------

バトルフェイズ!!

《バトルシスター べりーむーす》のアタックはノーガードで通っています

エミちゃんのダメージ5点目
《白と黒の清浄 ユカ》

+++++

“バトルシスター”のアタックがヒットしたため
ヴァンガードの《エキサイトバトルシスター みろわーる》のスキルが発動

『バトルシスター を含むユニットのアタックがヒットした時、CB1を払って良い
 払ったら、1枚ドローする』


+++++

ヴァンガード《エキサイトバトルシスター みろわーる》のアタック!!

「やあああぁぁっ!」

みろわーるにライドしたクミちゃんが風のように
パシフィカにライドしたエミちゃんに斬りかかろうとしますが…

エミちゃんはヒールトリガーをコストに、Gゾーンの解放を宣言!
Gガーディアン《触れ合う手と手 レオナ》でガード!
大剣はレオナちゃんが召喚した魔力の壁に遮られて鈍い音をたてます

ガーディアンサークル登場時、リアガードを1枚選び手札に戻して良い。
戻したら、手札から1枚えらびガーディアンサークルにコール。
戻したカードとガーディアンサークルにコールしたカードが
同名なら、このユニットのシールド+5000


ダメージ側前列《お日さまの友達 マルッカ》を選択
手札に戻し、《お日様の友達 マルッカ》を
ガーディアンサークルにコール。
レオナとマルッカが手と手をとりあい、シールド+5000。

+++++

さらに《お日さまの友達 マルッカ》が手札に戻された事によりスキル発動。

ヴァンガードが“パシフィカ”なら、山札から“パシフィカ”を含むカードを
1枚まで探し、相手に見せ、手札にくわえ、山札をシャッフル。

さらに、手札から“パシフィカ”を含むカードを3枚選び公開して良い。
公開したカードが全て異なるカード名の“パシフィカ”なら
CC1、SC1、ユニットを1枚選びパワー+5000


エミちゃんは《エターナルアイドル パシフィカ》《プラネットアイドル パシフィカ》
《トップアイドル パシフィカ》の3種類を公開
ヴァンガードにパワー+5000を与えガード値を増やします。

トリプルドライブ!
《バトルシスター まどれーぬ》
バトルシスター まふぃん

ゲット、クリティカルトリガー!
効果は全て《バトルシスター くれーぷ》へ

+++++

さらにこの時点で手札が5枚以上になったため
《エキサイトバトルシスター みろわーる》のGB3が発動!

『GB3:“神託”(手札5枚以上で有効)
 手札1枚につき前列のバトルシスターを含むユニット全てのパワー+1000』


+++++

サードチェック
振鈴の斎女 オウカ

「ダブルトリガー…!」

ゲット、スタンドトリガー!
《バトルシスター べりーむーす》をスタンド!
《バトルシスター くれーぷ》にパワー+5000!

+++++

《バトルシスター くれーぷ》のアタック!
このアタックはヒット時効果があります。

このアタックは《お日様の友達 マルッカ》
《がんばる才能 シャンディー》《憧れの煌めき スピカ》でガード!

+++++

じつはエミちゃん、手札はあるように見えますが
マルッカちゃんのスキルが仕えたという事は
手札の内3枚はグレード3のパシフィカ、ガードには使えません…

つまり最初見えた8枚の手札は、ガード札という意味では5枚で
クミちゃんとほぼ同条件だった事がわかります。


《バトルシスター べりーむーす》が、眼帯を輝かせ
放った薔薇色の光が、パシフィカに向け襲いかかります…

「あ……、きゃあッ!」

エミちゃんのダメージ6点目
《トップアイドル パシフィカ》

------------------------------------

「あっちゃ~、やられちゃった」

そういってみせるエミちゃんに
しばらく固まっていたクミちゃんでしたが
ようやく自分の勝利を実感できたようで

「……、……!!やったよ~!
 トコハちゃん!江西っち~!ハイメ~!」


あぁ^~クミちゃんがぴょんぴょんするんじゃぁ^~

とりあえずぴょんぴょんはねるクミちゃんは天使です、QED

------------------------------------

「これにより、現在行われているファイトで安城トコハが勝てば
 ハイメフラワーズがファーストステージを突破する事が決定!
 よってこのファイトは、運命を決める一戦、運命戦となりました!!


クミちゃんの勝利により、トコハちゃんのファイダーに通知が来ます。
それは、現在3人のポイントを足すと合計が52ポイント
このままトコハちゃんが勝利すれば
ハイメフラワーズの勝ち抜けが決まるという通知でした。

MCミヤの解説は会場には届いてませんが
羽島さんのトコハちゃんのファイダーを見て運命戦だと理解します

「…運命戦」
「このファイトに勝てば、セカンドステージに…行ける!」
「…フン、絶対に阻止してやるよ」
『クミちゃんと江西さんの頑張り、無駄にはしない!』


トコハちゃんのターン!

「絶対に、勝つ!」

ライドステップをスキップし、ストライドステップ!
手札から合計グレード3になるようカードをドロップし
Gゾーンのユニットの“超越”を起動させます!

超越”したのは《経世の花乙姫 セルフィーナ》

+++++

ストライドボーナスは未使用、メインフェイズへ。

デッキ側前列に《頑強の乙女 ノエル》をコール。
頑強と聞いて、あぁトコハちゃんだぁ…とか思いました、はい。

+++++

《萌しの乙女 イーダ》の起動効果GB1を発動。
CB1を支払い、自身をソウルへ置き発動。
ドロップゾーンの1枚選び、山札の下に置く。
そのカードが“開花”能力を持つなら1枚ドローする

置いたのは《頑強の乙女 ノエル》、ノエルは“開花”持ちのため1枚ドロー。

+++++

《経世の花乙姫 セルフィーナ》の起動効果(ターン1回)を発動。
CB1を支払い、Gゾーンの裏のカードを1枚表にする事で発動。

リアガードをGゾーン表のカードと同数選びパワー+2000
山札からそれらのユニットと同名のカードをGゾーン表の
《経世の花乙姫 セルフィーナ》と同数探し別々のリアガードにコール
山札をシャッフルし、2枚以上コールしたらヴァンガードにクリティカル+1


表にしたのは勿論《経世の花乙姫 セルフィーナ》

パワー付与に選択したのは《頑強の乙女 ノエル》《花園の乙女 マイリス》
表の《経世の花乙姫 セルフィーナ》は3枚。
よって3体の《頑強の乙女 ノエル》を
ダメージ側前列、ダメージ側後列、ヴァンガード後列にスペリオルコール!

そして2枚以上コールしたため、ヴァンガードにクリティカル+1!

+++++

さらに《頑強の乙女 ノエル》は“開花”持ち!

このユニットと同名の他のユニットがリアガードに登場した時
このユニットと同じ縦列にいるユニット全てにパワー+4000


デッキ側の《頑強の乙女 ノエル》の“開花”は3度発動。

ダメージ側前列、ダメージ側後列、ヴァンガード後方の
《頑強の乙女 ノエル》の“開花”は2度発動。


ヴァンガード《経世の花乙姫 セルフィーナ》は
2度の“開花”の恩恵によりパワー34000
(11000+15000+4000+4000)
ヴァンガード後方の《頑強の乙女 ノエル》は17000(9000+4000+4000)
ダメージ側前列、ダメージ側後列の《頑強の乙女 ノエル》は単体25000
(9000+4000+4000+4000+4000)
デッキ側前列《頑強の乙女 ノエル》は単体23000(9000+2000+4000+4000+4000)
デッキ側後列《花園の乙女 マイリス》は単体18000(4000+2000+4000+4000+4000)
デッキ側はブースト可能なため、合計すると41000になります。

「いいぞ…ゾクゾクする!」

『やっぱり大事な時、私の前には高い壁となってリンさんが居る
 だったら、この壁を越えることで、一つ先に進む事が出来るかもしれない…
 プロを目指すと言ったリンさんに勝てば
 ミゲルと同じ場所に立てるかもしれない…!


羽島さんの興奮が伝わっているかどうかはわかりませんが
トコハちゃんもあらためて決意を固め、しかけにいきます

+++++

さらに、ヴァンガード後方の《頑強の乙女 ノエル》の起動効果GB2を発動

ヴァンガードが“ラナンキュラス”なら、手札から1枚選び捨て発動。
このユニットは『後列からヴァンガードにアタック出来る』を得る


手札の《開墾の戦乙女 パドミニ》をドロップしスキルを獲得。

さらに、ダメージ側後列の《頑強の乙女 ノエル》も
《フェアリーライト・ドラゴン》をドロップしスキルを獲得!

これにより、ヴァンガードの34000に
リアガードから41000、25000、25000、17000のアタックが確定
全ての手札を捨て、最後のアタックです!

------------------------------------

バトルフェイズ!!
ヴァンガード《経世の花乙姫 セルフィーナ》のアタック!!

『私は掴みたい、未来へ進む力を!
 その強さを!リンさんに勝って!』


『熱い…身体が、燃えるように…!』


自分にみあうファイターとの全力のファイトに
血が滾る羽島さん。ファイトの純粋な喜びにひたります

このアタック、クリティカルが乗っているため通せません!
《クリティカルヒット・エンジェル》
《黒衣の稲妻 ムンカル》《ハイトレブル・エンジェル》でガード!

「そうだ…!いいぞ、この熱さ
 このたぎりだ…!
 だけど、まだ、全然、足りないッ!!
 もっとだ、もっと来いッ!!」


もはやガード側とは思えないこのイメージと挑発∑(・Д・ノ)ノ
でもそれが羽島さんらしいんですよね、いいんです。多分!

トリプルドライブ!!
《理想の乙女 トゥーリア》
《純潔の乙女 カトリーナ》
ツッケン・ドーン

ゲット、クリティカルトリガー!!
パワー、クリティカル、ともに全てデッキ側前列のノエルへ!

+++++

デッキ側前列《頑強の乙女 ノエル》
ブーストを含め、合計パワー46000、クリティカル2のアタックです!

このアタックは、《ドクトロイド・レムノン》で完全ガード!
手札からドロップしたカードは不明

「まだ足りないなぁ」

------------------------------------

バインドゾーンにあつまった選手たちも
今日のラストファイトとなった試合の行方を見つめていました

『不思議…、いつまでもずっと戦っていたい感じ』
『このファイト、終わらせたくない』

お互いにこの最高のファイトを永遠に続けたいと願う2人。
最高のファイトは、終わらせたくないと願うのはファイターの性

それでも、勝負はいずれ終わりがくる。引き金を引いたのは…


「だけど…次のステージへ、私達は行く!」

ヴァンガード後方、《頑強の乙女 ノエル》は
スキルにより、後列からヴァンガードにアタック出来る!

スキルにより単騎17000でヴァンガードにアタック!
羽島さんはこのアタックをノーガード宣言。

羽島さんのダメージ5点目
《恋の守護者 ノキエル》

+++++

ダメージゾーンにカードが置かれたため
《黒衣の戦慄 ガウリール》のGB2が発動!

ダメージゾーンにカードが置かれた時、このターン以下のスキルを得る
『自分の前列のユニットすべてにパワー+2000』

これにより、ヴァンガードのパワーは13000に

+++++

自分のカードがダメージゾーンに置かれたため
《ナース・オブ・ブロークンハート》のGB1が発動。

ヴァンガードを1枚選び、このターン中
自身とヴァンガードにパワー+2000を与える


「うおあぁぁああああっ!!」

叫び声と共にヴァンガードのパワーが高まる
これによりヴァンガードは単体15000に!

「ダメージ5!トコハちゃん、あとひといき!いったれ~!!」

ファイトがどうなるか見守るチーム用の個室で
2人のファイトを見守るクミちゃんと江西っち。
モニターをしっかり見つめる江西っちと、
全力応援するクミちゃんの差がまたかわいい。

「惜しいっ…なんでもいいから
 トリガーを引いていれば、今の攻撃、防げたのに…!」


アンリさん台パンはダメ!いや気持ちはわかるけどね。
こちらも控室で様子をみていたアンリさんとシオン君。
ここでトリガーが出なかった事が、どれだけ大きな意味を持つか
2人にはしっかりわかっていました

+++++

しかし、トコハちゃんはあと2度のアタックが残っています。

そのアタックは、両方25000…15000要求
羽島さんの手札にはグレード3があり、完全ガードも使い果たした。

今の羽島さんに、残りのアタックを防ぐ手は、残っていませんでした。


ダメージ側前列、《頑強の乙女 ノエル》のアタック!!

羽島さんはノーガードを宣言

「図に乗るな!!
 まだだ、まだ終わらせないッ!!」


しかし、そんな羽島さんの叫びを遮るように
ノエルが振りまいた赤い花びらが、まるで  のように舞う…

羽島さんのダメージ6点目
《黒衣の戦慄 ガウリール》

------------------------------------

運命戦の結末に盛り上がっていた会場中が
歓声と歓喜に包まれ大盛り上がり、まさに3日目を〆るのに
相応しいファイトの結果となりました。

「いやっほぉぉぉ!かにっ、蟹、カニ、KANIー!」
「あぁっ、ハイメさん!?どこいくんですか!?」

ハイメ君さらっと退場しないΣ(´╹ㅿ╹)


------------------------------------

「………!ありがとうございました」
「………」

ちょっぴり放心していた2人でしたが、トコハちゃんが礼を言うと
負けていながら、以前とは違いどこか納得した笑みを浮かべます

あの時はできなかった、お互いのヴァンガードを理解しあう事
今度こそ、出来た気がします。


「トコハちゃーん!トコハちゃ~ん!」
「やったやったぁ~!」


トコハちゃんの耳に聞こえてきたのは、勝利を喜ぶ2人の声…
ってハイメ君どこからフィールドに侵入したの!?
カニになって撤退した結果がこれだよ!


「かったー!勝ったね~!」
「わっ!く、クミちゃん…」

もーキスしちゃいそうな勢いで抱きついちゃうクミちゃん。
本当に嬉しかったんですね(✿´ ꒳ ` )
全力で体重かけられてそうなのに倒れないトコハちゃんは
流石漢といった所なんでしょうか( '﹃' )


------------------------------------

「先を越されちまったな…
 だけど次は、絶対俺たちが…!」


ファイター達で沸くバインドゾーン
その中で人気の少ない上の通路でモニターを見ていたクロノ君達。
クロノ君の敗北は痛かったようで、まだまだ抜け出せていませんが
まだまだこれからでしょう

------------------------------------

一方、別会場で羽島さんを迎えたアンリさんとシオン君。

「お疲れ様です、いいファイトでした」
「…ふん」

負けてもあの強気な態度が崩れない羽島さんは流石です。

「残り2枠か…、羽島先輩の敗北で、ポイントが一気に減ってしまった…
 それに今日は対戦運が悪くて、俺もシオン君も
 ポイントを稼ぐことが出来なかったし、正直厳しいね…」

「えぇ…、ですが。僕達の目標は変わりません
 そして、それは必ず実現させます」


運だけで勝ち抜けたファイターも多いと鬼丸さんが言ってましたが
実際、ファイターが減っていき、ポイントも減り
人によってはポイントを持って無くて同じ時間をかけても
数十ポイント手に入る場合と、1ポイントしか手に入らない場合があるのは事実。

今更ながら鬼丸さん達が初日に勝ち抜けたのって
こういう状況になれば運が悪いのが
発揮されかねないから急いだんでしょうか…


羽島さんの負けに、残り2しかない勝ち抜け枠
旗色は悪くなるばかりですが、逆境で勝ち上がる力を
シオン君は持っています

「奪われたなら、取り戻すまで、この手で」

------------------------------------

今回の作画監督/総作画監督さん(敬称略)
小栗寛子 洪範錫 渡辺はるか/空流辺広子

------------------------------------

さて来週は24話「騎士は剣に勝利を誓う」
(G1期~G4期合計:第122話)

「やったね!セカンドステージ進出決定!」
「クミちゃんのおかげだよ、江西さんもありがとう。
 ハイメも、感謝してる」

「私はハイメではなーい!愛と正義のマスク・ド・コーチだ!」
「はいはい、そーでした」

+++++

ファーストステージ4日目!あ、解説者かわっちゃうんですかね?
もうあまり残されていない枠に、お互い負けられない戦いが続きます。

一方タイヨウ君は、火山地帯で予想外の人と出会います。
いままでファイトした事の無かった相手…そう、シオン君!
トコハちゃんに引き続き、再びトライスリー相手とは、タイヨウ君も
運がいいのだか悪いのだか…。

ヴァンガードでは定期的にあるパラディン対決は
目の保養なのでうれしいですけどね!((o(´∀`)o))wktk
でも、再来週のタイトルを思い出すと
ファーストステージ本当に無事に終わるのか心配です…


聖騎士団黄金の騎士団
それぞれのパラディンが、自らの剣に勝利を誓う。

「提案なんだが、皆で勝利を祝わないか?俺の行きつけの店で」
「え?江西っちのいきつけ?」
「どんなお店?シースー?面ラー?てんぷーら?ゲイシャガール?」
「それは……、行ってのお楽しみだ」
「すけべーっ!」


19歳で行きつけの店があるという事に誰もツッコミを入れないのは
元ダクゾ支部長という肩書が大きすぎるのであろうか。
すけべーっ!


というわけで、ターン終了! 次のターンは3月19日です

ではまた来週~(*´∇`*)
 

テーマ : カードファイト!!ヴァンガードG ジャンル : アニメ・コミック

21:00  |  動画感想日記2nd  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■ファーストステージも大詰め

更新お疲れさまです!

羽島さん前に比べてヴァンガードへの向き合い方がまっすぐになりましたよね。
当初はヘイトしかないような人でしたけどこんな熱くて美しいキャラになるとはw
以前の羽島さんなら負けたら台パンしそうだし、敗北してポイントが減ったなんて言ったら早尾先輩が大変な事になりそうですw
心の中だけとはいえトコハちゃんを認めるって言葉が出たこと、羽島さん自身の進む道が決まったのも良かったです。
ファイト内容はエンフェの回り方としてはこれ以上ないものでしたけど、トリガーがあまり出なかったのが残念でしたね。

ノア君はやっぱり憑依を隠して普通を装うことはできるみたいですね…
かつてのコーリンちゃんを思わせます。
チーム新ニッポンがどうなるにせよこういう状態ではノア君の問題は長引いてしまう可能性もありそうですよね。
放送予定では近々ファイトはあるみたいですけど、それで解除されるかどうかは?

エミちゃんとクミちゃんのファイトは可愛かった(*´ω`*)
もう一つのおにゃの子対決が男前すぎるのでますます感じますw
そしてエミちゃんは依然として可愛いけど何気にキリっとした表情もまたいいですね(*''-''*)
つまり何が言いたいってお姉…お兄さんに似てきたって事でアイチ君にも「スマイルだよ」とか言ってもらいたいですw
クミちゃんは頑張った!
トリガーの引きの強さでは先輩のエミちゃんの上を行きましたよねw
今回は本当に嬉しそうで本当に天使でした(*゚∀゚*)

江西っちは世間知らずでピュアなイメージだったので、行きつけのお店とかあるのが凄い意外ですw
いやどういうお店か別に言ってないんですけどw

次回は何気に初対決なシオン君とタイヨウ君ですね。
タイヨウ君も頑張ってほしいですけど、ここはやっぱりチームリーダーのシオン君が自らの手で勝ち抜けを決めるのでしょうか(いえ部長は早尾先輩なんですけどw)
その後の展開が不安なのは同感ですけどw

それではまた(。´・∀・)ノ゙
アドラメルク |  2017.03.12(日) 22:56 |  URL |  【コメント編集】

■ダメ!! 羽島さん、タタリ神にならないでっ!! ←???「黙れ小僧!!」

いや、だって「身体が燃えるように熱い」って言われて真っ先にあれが思い浮かんだんですもん。大学院の論文もこれをテーマにしたし。とまぁ、そんなことはおいといて。

4度目の正直という言葉はありませんが、この二人もようやく全力でぶつかり合えましたね。退屈なだけだった日々の中で、プロになるという目標を見つけた羽島さん。焦りに囚われすぎて忘れかけていた仲間の存在を思い出し、らしさを取り戻したトコハちゃん。決着がついた後のしばし呆然とした姿も、全力を出した末の結果と考えれば微笑ましいものです。

ただ、トコハちゃんはまだどこかミゲル君の死を引きずってますね。親しくなった友人のことであるだけに簡単に割り切れるものでもありませんが、これが鬼丸たちに付け入る隙を与えてしまいそうで少々不安です。下手をすればノア君の二の舞になってしまいかねませんが、そうなった時は出番やで、クロノ君(相変わらず)。

さて、来週はシオン君とタイヨウ君のパラディン対決。どちらも自らの剣に勝利を誓いますが、それが誰のための物なのか、勝敗を分けるとしたらそこになりそうですね。

余談ですが『惑星クレイ物語』一般販売はしてくれないんですね。モノがモノだけに難しいのかもしれませんが、お手軽に手に入れたい身としては少々厳しいところ。地元が四国なのでちょっと遠いけど、『ブシロード10周年祭』行ってみようかなぁ。

長くなりましたが以上です、ではまた次回。
ガル=ハール |  2017.03.12(日) 23:12 |  URL |  【コメント編集】

■ほしをみるひと

あぁ^~クミちゃんが(ry

一回戦もそろそろ終わりが近づいて来ましたね。
ラミラビwithサーヤが勝ち抜けて嬉しい、ていうかDiffrider以外で実力で二回戦に進出していそうなのが視聴者的にネオディマイズとアイドルTeamぐらいというのは以外(他は視聴者からすればモブ、Unknown Zakoですしね)
しかし彼女達が勝ち抜けたことで次に進めるTeamは残り三枠、アラタが焦るのも無理はないでしょうね。
ノアは……ノアに取り憑いた野郎は中々の演技派ですね、欺瞞の道化とでも呼べばいいのか。
さすがのアラタ達もあの程度の会話では違和感に気付けるはずもなかった。

ノア「(LJ)好きなんだもん!」
カオブ「(ズキューン)……胸が苦しい……何事じゃこれは……」
なんて展開があったらなぁ……

トコハ、最近不調だったけど何とかリンちゃんに勝利、リンちゃんはプロファイターになることを決めたようでしたね。
リンはタイヨウを除いたストライダーズとアイドル、ヘル&へヴン達とは全く交流がないですよね、まあアムやナギサとは互いにキツめな性格的に相性悪そうだけれど……

次回は二つのパラディン同士の対決ということで中々面白い対戦カードだと思います。
R |  2017.03.13(月) 04:19 |  URL |  【コメント編集】

■このお話の感想

このお話、私も見ましたよ!
トコハちゃんも、リンちゃんも4度ファイトした事で、お互いへの理解が深まったようです。
1stステージもいよいよ佳境、次回のシオンくんVSタイヨウくんのファイト、楽しみにしています。
何せ、パラディン対決ですから。
Hana chan |  2017.03.13(月) 07:07 |  URL |  【コメント編集】

■うーん・・・

更新おつかれさまです!!

残り2枠となり、とうとう消化試合になりましたね。
以前、カムイ達が決勝トーナメントで敗退すると予想していたんですが、こうなるとはちょっとガッカリしてます。そして、ここでトコハとリンを激突するということは・・・。二人の場合は大将と先鋒ポジションなので、トーナメントに行っても互いに激突しないため、どうするのか疑問なっていました。
一方で、エミとクミのバトルについては棚ボタ勝利という感じになりました。まぁ、エミの場合だと一回も敗北せずに勝ち進めればそうなると理解しているので、納得のお話しです。
余興もいよいよ終盤。
トーナメントにいけば主役級が敗北=『闇落ち確定』するほどの大事なファイト戦。どうなっていくのか今後も楽しみです。

それにしても、トコハのあの攻撃力上昇シーンはいつ見ても私は胸キュンしてしまうので、困っています(本当にあのシーンは常に心を炎上させます)。
ちなみに、管理人さんはどこかの場面で心が興奮することってありますか?
アイン |  2017.03.13(月) 23:08 |  URL |  【コメント編集】

■クミちゃんかわいいよ!

 勝ってぴょんぴょんしてる所とか本当にかわいい。見てるこっちまで嬉しくなってきましたよね。ハイメフラワーズが本当にヒロインチームに(一人は男である)


 ハイメの「すけべーっ」には笑いました。 江西さんの行きつけのお店が想像できないです……女の子二人とハイメを連れていけるお店……カフェとかですかね……


 一方でノア君が超不安です……いや、今はカオスブレイカーさんか……ノア君の精神大丈夫なんでしょうか……このままカオスブレイカーに完全に乗っ取られたりしたら……アラタとマコトも気づけないほどに、演技もうまいし……


更新お疲れ様でした。
黒羽 |  2017.03.17(金) 19:28 |  URL |  【コメント編集】

■運命戦

星を見てた(嘘ではない)
イヤーノアくんー!カオブレさん怖い!!!
今回は誰も逆ライドされなかったけど、これからどうなるのか……サイクオリアないと解らないのか、気付いた所でファイトで勝てるのか、てか主って誰??!
リンさんは未来の道が見えたようで、よかった。U20は無事には終わらないダロウけど
(っ´ω`c)ああ、タクトくんカムバック!!
映画に出ていて、アニメに全く出ないって
どうしたんや一体。
次回は、ゴルパラ対ロイパラかー楽しみだけど、どどど((((;゜Д゜))))逆ライドが不安で楽しめないっ。では、また次回。
。゚(゚´ω`゚)゚。ノ
はんにゃら~ |  2017.03.18(土) 09:57 |  URL |  【コメント編集】

■カオブレ(あれこれ演じるのむずくね…何て言えばいいんだこれ)「星を見てた」

カオブレ謎のタイムラグ。ノアを他人が演じるの難しそう。
OP歌詞カオブレ視点だったらやだなあ。

ある意味一番危うそうだったハイメフラワーズ勝ち抜け。
江西っちが一回も落とさなかったのが一番大きいですね。ポイント損失が少なそう。
目標を決めたリンちゃん、ブレがないのに前向きに成長していていい感じのキャラになってますね。
迷いのあったトコハもとりあえず現状は一安心か。

遂に後列アタックによる連続攻撃を覚えたネオネク。一番あかんとこに渡しちゃった。
開花火力で連パンはさすがにきつい。まだガードできうる火力なのが救いか。

次回またも潰しあい。福原はこれに勝たないと厳しいですね。福原全員に黒星がついたので、まだ無敗のタイヨウのポイントが頼り。
なぱこ |  2017.03.18(土) 13:09 |  URL |  【コメント編集】

■コメント返信

皆様コメントありがとうございます!
身内の件なのですが、しっかり検査して原因も判明して
現在は無事退院しました!
今後数回通院予定ですがなんとかなりそうです( ;∀;)
ご心配おかけしました(._.)ペコリ

コメント返信は白文字反転してありますので
皆様自分のお名前の所だけ反転して閲覧してください。
以下個別返信です(挨拶省略)

------------------------------------
>>アドラメルク様

最初はヘイトの塊みたいな感じで
どうしたもんかと思ってましたが
本当に良い方向に…( ;∀;)

あぁ…コーリンちゃん大変でしたもんね…
1発で問題解決とはいきそうにないですし
困ったもので…あぁぁ不安がつのる。

おにゃのこVSおにゃのこのはずが
なんでこんなに差ができてしまうのか…うごご。
わかります。さらにおねえちゃ…おにいちゃんに
似てきたエミちゃん素敵でした(

行きつけのお店…明神さんとやけに高そうなお店で
飲み食いしてるシーンもありましたし
その頃に知ったお店かもしれませんねぇ

わかります、シオン君優勢な気がするんですよねー
でも再来週の話が不穏すぎてあぁぁ…
ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

------------------------------------
>>ガル=ハール様

あついぞ!からだが火のようだ…!!
って違っがーう!ヽ(・ω・)/ ズコー

そうなんですよねえ。スッキリしたかと思えば
やはりちらつくミゲル君の影…
鬼丸さんにミゲル君との関係を知られたら
ますます狙われそうで不安です。

誓う勝利の形の差…
…形は違っても思う相手が同じとかなったら
ドロヌマの予感がします(主にクロノ君イメージで)

そうなんですよねぇ、600ページ超えのを
本屋等で売るのはこのご時世厳しいと思います。
私はおとなしく通販待ちます(´╹ㅿ╹)

------------------------------------
>>R様

ぴょんぴょんs(ry

コメントタイトルがどうあがいても
クソゲーしか出てこない管理人です\(^o^)/

一回戦、楽しいシステムだったので
ここまで終わりを急がなくても…
と思ってしまうのですが
話が動き出す頃ですから仕方ないですね。
一方予想以上に演技派なあのお方
どうしようもない…(´╹ㅿ╹)

アムちゃんとナギサちゃんは相性悪そうですねーw
こちらとしてはちょっと残念にも思えますが
本人達にとってはそれが幸せかも…

------------------------------------
>>Hana chan様

4度の再戦はヴァンガードでは異例ですが
だからこそできた絆…とても良い感じでした(๑•̀ㅂ•́)و✧

やっぱりパラディン対決はいいですよね!
目の保養…(´∀`*)ウフフ

------------------------------------
>>アイン様

ちょーっと急ぎすぎな気もしないでもない枠消費
残り枠はメインキャラチームで埋まると思ってた
のですが、これは予想以上に早くU20が崩壊して
メインストーリーに入りそうな、いやーな予感が…

エミちゃんは使ってるデッキがパシフィカという事もあり
手札にG3が溜まりやすいという問題がありますからねえ
実際クロノ君とのファイトもそれで敗北してますし。
でもエミちゃんは、かわいい皆と一緒にファイト!
なスタイルなので、本人が納得できてるなら
それでいいのだと思います。

そうなんですよねぇぇ…闇堕ちどころか憑依のフラグまで
出てきてしまったU20決勝トーナメント組。
マジで大丈夫なんでしょうかこの大会…

あ、わかります。胸躍るシーンや熱くなるシーンって
やっぱりありますよね…
私としては無印3期ラストファイトの
オバロライドでOP流れるシーンとかは
何時見てもうおおおお!ってなりますね!

………あとは闇堕ちのシーンがやっぱり好きです(ぁ

------------------------------------
>>黒羽様

ぴょんぴょんクミちゃんに
心から癒やされます、管理人です。
クミちゃんは本当に好きなので今後も癒し枠でいてほしい…

江西っちだからカフェの可能性も十分ある恐ろしさ。
……はっまさか、和風料亭とか!?
(明神さんと会食してたイメージが離れない私)

ノア君ダメっぽいですね…ミゲル君事故死して不明ですが
もし乗っ取りが解除できないとなるとさらに絶望感が
ますのですが…えぇ…
いやそれはダメ…ないとおもいたい…

------------------------------------
>>はんにゃら~様

嘘はいってない!(青い星を見ていた)
予想以上の演技派ですね!怖すぎる:(;゙゚'ω゚'):

そうなんですよ、解除出来るか否か
元の人格の人が無事かも不明、クオリアが絡むのか
と様々な問題が山積していて…ひええ
そうなんですよまず主って誰!?

U20はもう完全に途中で崩壊か
メインストーリーから外れるの確定ですね。
そうなるとシオン君達大変ですが…

そうですね、今こそカムバックタクト君
でも乗っ取られたりしたら困るし…

わかります、逆ライド不安すぎますよね。
本筋の真面目なファイトだとわかっていても
不安要素が大きすぎるッ!!

------------------------------------
>>なぱこ様

カオブレさん困った結果真面目な回答
(青い星を見てたのはマジ)だったとしたら
ちょっとおもしろすぎますね、とにかくOPが
カオブレ達視点じゃないことを願うばかり…

江西っちすごいぞー!カムイ君に勝ってますし
かっこいいぞー°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°(ただしヒロイン)
羽島さんは最初の頃を思うと
変わってない部分もありまくりですが前向きになって
一安心といった感じ、トコハちゃんも一応は。

ガード不可なパワーじゃないだけまだマシ…
といっていいものかっていうあの連続パンチ。
そういえば福原全員1度負けてますね!
一番優勝が近そうだと思ってた福原…
今後どうなってしまうのか

------------------------------------
管理人 |  2017.03.18(土) 23:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://falseface315.blog11.fc2.com/tb.php/507-af7c99d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |